一般社団法人介護予防ネットワーク協会

重介護予防事業

重介護予防とは、状態により目標が異なる日常生活動作(起立・歩行・食事・入浴・排泄)の自立をできるだけ維持または改善することです。
たとえば、寝たきりであっても寝返りが出来ない要介護者が、一人で寝返りが出来れるようになると、ご本人や家族の負担もかなり減ります。
一人で食事が出来ない要介護者が、一人で食事が出来るようになると、自分の意思で食べたいものを食べることができるし、家族の負担もかなり減ります。
一人で起き上がりが出来ない要介護者が一人で起き上がれるようになると、「まだ自分もやればできるんだ」という気持ちになり、家族の負担も大きく変わります。
このようにいろいろな状態であっても、目標をもち、少しでも動きやすく動ける体に戻し、ご本人の自立の芽生えと家族の介護負担を軽減することがとても大切です。

介護度は、日常生活にどの程度支障があるかによって決められます。
すなわち、重介護予防は日常生活動作に支障がない状態を維持・改善することが重要となります。

内容
要支援1
要支援2
日常生活にほとんど支障はないが、入浴など一部の動作に介助が必要
要介護1 起立や歩行などに不安定さが現れ、
入浴や排泄など一部介助または全介助が必要
要介護2自力での起立や歩行が困難。入浴や排泄など
一部介助または全介助が必要。
要介護3起立や歩行は不可能。入浴や排泄、衣服の 着脱などに全介助が必要
要介護4介助なしに日常生活を送ることが困難。入浴、排泄、衣服の着脱など
全介助、食事摂取に一部介助が必要
要介護5日常生活のほぼすべてにおいて介助が必要

しかし、一般的に虚弱高齢者に行われているリハビリや機能訓練は、筋トレやストレッチが主で、その内容は、若者に行われてきた運動をそのまま高齢者に代用しているだけであり、高齢者の特性を考え、日常生活動作を維持・改善できる運動ではありません。

介護予防ネットワーク協会では、整形外科医宮田重樹が監修した【重介護予防で成果を上げるノウハウ】(高齢者の体の特徴、問題点、問題点を改善する効果的な運動、日常生活動作訓練等)を取り組みたい事業者を応援し、重介護予防事業のご提案をさせて頂きます。