一般社団法人介護予防ネットワーク協会

ロコモについて

2007年、日本整形外科学会は人類が経験したことのない超高齢社会日本の未来を見据え、ロコモという概念を提唱。ロコモとは、ロコモティブシンドローム(運動器症候群)の略称で、骨・関節・筋肉・神経など体を動かす仕組みである運動器の障害により「要介護になる」リスクが高い状態をさします。 表引用 「ロコモチャレンジ!」ロコモティブシンドローム予防啓発公式サイトより そのロコモの危険度を判定するテストを2013年に整形外科学会が発表しました。歩く・走る・立つ・座るなどの移動動作をチェックするためのテストで「立ち上がりテスト」「2ステップテスト」「ロコモ25」の3つのテストからなります。 ロコモ度1とは、移動機能の低下が始まっている状態で、ロコモ度2は、移動機能の低下が進行している状態です。 25の質問に答えてロコモテストを受けてみる