一般社団法人介護予防ネットワーク協会

介護予防ネットワークについて

2011年日常生活動作(ADL)をスムーズにおこなう事により、介護にいかない身体つくりを目指すことを目的として一般社団法人介護予防ネットワーク協会を設立しました。

一人ひとりが介護のお世話にならないよう体づくりをする、それが介護予防です。

「ロコモ予防」は介護予防の一つで、世界保健機関(WHO)が定義する「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てする」セルフメディケーションと総称されます。

私ども介護予防ネットワーク協会は、セルフメディケーションを推進する事業者を結び、介護予防に貢献することをミッションに掲げています。